資金計画が大切

土地の購入にあたっては、「諸経費」が必要となります。事前にしっかり計画を立てましょう!

土地の購入にあたっては、土地の価格以外に税金や手数料などの「諸経費」が必要となります。

土地+諸経費(6-10%)+建物=合計金額。土地と建物だけで計算していたら、予算オーバーという事も

それらの諸経費は、売買価格の約6~10%程度かかる場合があります。
ここでは、資金の目安について確認し、事前にしっかり計画を立てましょう。
以下には主に必要となる項目を挙げさせて頂きます。

諸経費の内容

土地のご契約時に関して
契約印紙代 売買契約書に貼付する印紙代の事です。契約物の売買か買うによって異なります。
手付金 売主と買主の間で、契約が成立した事の確認の為、買主が売主に支払うお金の事です。
ローン借入をする場合
契約印紙代 ローン契約時に貼付する印紙代の事です。
ローンにかかる経費 ローン実行時に、事務手数料・保証料・登記の登録免許税などが必要になります。
保険料 ローン実行時に、借入をする方は、万一に備えて、団体信用生命保険への加入が必要です。
引渡し時
仲介手数料 不動産会社に支払う報酬(手数料)になります。残金決済時に支払うのが一般的です。
登記費用 所有権移転登記・保存登記の登録免許税、司法書士への報酬などがかかります。
固定資産税 土地や建物の所有者に対して毎年かかる税金です。残金支払い時に案分決済となります。
都市計画税 地域によっては土地や建物に毎年かかる税金です。
引渡し後
不動産取得税 不動産を取得した事に対して一回のみかかる都道府県税です。
会員登録すると会員限定公開の土地情報1000件以上が閲覧できます。会員登録・ご利用はすべて無料。会員登録をして全物件を見る