土地購入の流れ

1

希望条件の整理

住みたいエリア・家のデザイン・間取り・入居予定時期などを整理しておきましょう。

▼
2

予算の決定

希望エリアの土地の相場から、預貯金の額・ローンの借入などを確認して四の目安を決めましょう。

▼
3

住まいを探す

インターネットや広告、不動産からの物件情報などから希望に合う物件を探しましょう。

▼
4

実際に現地へ

気に入った物件が見つかったら、実際に現地へ行ってみましょう。周辺環境など、現地でしかわからない事もあるかもしれません。

▼
5

資金計画を立てる

土地購入以外の諸経費や住宅ローンなどを試算して、資金計画を具体化させていきましょう。
銀行や、ローンアドバイザーなどの意見を聞いてみるのも良いかもしれません。

▼
6

購入の申込み

売主の不動産会社、または販売代理(仲介)の不動産会社に購入を申込みます。申込みは書面で行うのが一般的です。

▼
7

不動産の売買契約を結ぶ

重要事項説明を受けた後、売主と売買契約を結びます。この際、一般的には土地価格の10~20%程度の手付金を支払います。

▼
8

住宅ローン契約

住宅ローンを利用する場合、売買契約を結んだら、住宅ローンの契約を結びます。
(契約前に金融機関と保証会社の審査を受け、融資の承認が理想的です)

▼
9

引渡し(残金決済)

引渡しの準備が完了したら、残りの代金を支払います。それと同時に不動産の登記(所有権移転)手続きを行います。

計画

情報収集

土地見学

契約・書類提出

購入完了

会員登録すると会員限定公開の土地情報1000件以上が閲覧できます。会員登録・ご利用はすべて無料。会員登録をして全物件を見る